ネアンデルタール人、ホモ・サピエンス…そしてAI?

最近よく聞く「AIで社会が変わるけど大丈夫」論

去年あたりから、様々なところで「AIで社会が変わる」的な話がされていますね。

これは、囲碁にてAIがプロ棋士に勝った件もありますが、それよりも、一昨年の年末に野村総研が発表した、

日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に

の記事の影響が大きいでしょう。
仕事がAIに奪われた結果として、

  • 過去にあった技術革新と同じように、代替の産業が生まれ、それによって埋め合わされる。
  • 我々は働かなくて良くなる。これからは遊ばないといけない。

などの、比較的楽観的な意見が多く聞かれます。

本当にそうでしょうか?

「代替の産業が生まれる」説について

前者の「代替の産業が生まれる」については、無くなる仕事に見合う数の仕事が生まれるとはとても思えません。だって半分無くなるんですよ?
まず、AIやロボットによって無くなっていくタイプの仕事を考えてみます。
AIやロボットに奪われる仕事は、その特徴から考えて、あるルールに基づいた、定型的で繰り返して行われるタイプのものと考えられます。
その中でもロボットは、労働集約型の仕事を置き換えていくでしょう。そしておそらくAIは、インプットと求める結果が明確であれば、正解のアウトプットを導き出せるような仕事、例えば、経営、経理、人事といった管理部門的な部分を置き換えていくでしょう。ヒエラルキー型の組織で考えると、下部の多くの部分をロボットが置き換え、上部〜中間の多くの部分をAIが置き換える形。もう、社会的立場に関係なく、満遍なくおきかえられていくと思われます。

そして、無くなっていくこのような仕事は、今後生まれる仕事にも含まれないでしょう。

上記に載せた野村総研の記事にある、「代替可能性が低い100種の職業」にも、スペシャリスト的で、どちらかというと個人で行うような職業が目立ちます。
人間を組織化し、作業をシステム化することで効率を高めることができるような仕事、(ほとんどが該当すると思いますが・・・)が置き換えられ、そうでないスペシャリスト的な個人で行うような仕事が増えていくということでしょう。
で、この無くなる仕事を埋め合わせることができるほどの、スペシャリスト的な仕事が生まれるのでしょうか?うーん。とてもそうは思えません。

「働かなくて良くなる」説について

後者の「働かなくて良くなる」についてですが、どのようにして、働かずに生きるための収入を得るのでしょうか。
それは、儲けている人達からもらうしかありません。そこでベーシック・インカムの話が多く持ち出されます。国家が一部の儲けている人から徴収し、それを大多数の儲けていない人たちに分配するということです。
誰が儲けるのでしょうか?中心は、AIやロボットを使って事業を行う企業でしょう。その企業も、内部はほぼAIやロボットにより業務が行われ、人間は少数になっていることでしょう。
圧倒的な富を得る少数の人間と、圧倒的多数の無力な大衆を代表する国家という構造が生まれるように思います。
富を持つ個人と、富を持たない国家、どちらに力があるでしょうか?
AIとロボットは、仕事だけではなく、軍事的な目的にも使うことができます。そして、所持することができるAIとロボットは、富の量に依ります。
今でさえ、富を持つ個人はタックスヘイブンに富を移しています。
何の富も持たない大衆を抱え込む国家は、圧倒的な富を持つ個人から、富を徴収することができるのでしょうか。
「働かなくて良くなる」世界を作れるか、うーん。疑問が残ります。

AIで社会が変わってヤバイかも

こう考えると、大多数の人間は淘汰され、少数の富を持つ人間とAI・ロボットで成り立つ社会が来るのではないか・・・ということを想像してしまいます。

でも、次のことも想像してしまいます。

”お金が多数の人々に回らないと、需要が生まれないから、その少数も儲からないんじゃないの?”

もしかしたら、これが鍵で、うまいこと富の分配が行えるかもしれません。でもよくでも分かりません。
ただこれに対して言えるのは、お金は人間だけが使うだものではなくなってきているということです。

お金の意味が変わってきている

最近、IoTの研究が色々行われています。IBMとサムソンが共同で行っている、ADEPTというプロジェクトなどが有名です。IoTは、「モノのインターネット」と呼ばれ、モノ同士をネットで繋ぎ、大規模に連携させようというものです。AIとロボットにも深く関わります。というかその土台になるものです。
この技術では、モノからモノ、人からモノに対し、ある作業をさせる際に、その対価として、ビットコインのような暗号通貨が動く形で実現を進められています。
だって、DDoS攻撃的な指示を飛ばしまくる得体の知れないモノが出て来るのは容易に想像できるし。
そうなってくると、お金は、電子空間で、モノ同士でやり取りするような意味合いも持つものになっていくでしょう。

人間、こんなに必要?

もしかしたら、需要もAIやロボットが担っていくかもしれません。法人需要的な部分は担うでしょう。
そもそも、こんなに人間がいることに意味があるのでしょうか?今までは、需要として、労働力として必要だったかもしれませんが、労働力として必要ではなくなるかもしれないのです。
これはよく見る、人口増加のグラフです。Wikipediaに載っているものです。

Population curve.svg
By El T - originally uploaded to en.wikipedia as Population curve.svg. The data is from the "lower" estimates at census.gov (archive.org mirror)., パブリック・ドメイン, Link

存在する一人一人が幸せになることは人類が求めるものだとは思いますが、こんなにも人間が増えることが、人類が求めているのでしょうか。

もしかしたら、この紀元前1万年あたりと現在の人口の差の部分をAI・ロボットが埋める形になり、狩猟採集民がロボットやAIを従えて、めっちゃ裕福になっただけ、みたいな感じになるのかもしれません。

ネアンデルタール人とホモ・サピエンス

わたしはたまに、人間とAIの関係について、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの関係と重ね合わせてしまうことがあります。
ネアンデルタール人は、ホモ・サピエンスがアフリカから出る前から、東ヨーロッパ・コーカサス辺りを中心としてある程度繁栄していました。
ネアンデルタール人は、ホモ・サピエンスより大柄で肉体的には上回っており、また、脳もホモ・サピエンスより大きく、石器を使い、壁画も描く知能がありました。
ただ、顎辺りの構造から、ホモ・サピエンスのように多様な声を出すことができず、それにより言語があまり発達しなかったと言われています。また、ホモ・サピエンスほど凶暴でなかったということも言われています。
ホモ・サピエンスがアフリカの地を出て、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスは出会いました。両方とも食べるものは似たようなものなので、ネアンデルタール人が集まる場所は、ホモ・サピエンスにとっても価値のある場所となります。
その結果、ホモ・サピエンスの凶暴さもあり、争いが起こります。ネアンデルタール人は、言語によって巧みに連携するホモ・サピエンスに勝つことが出来ず、駆逐されていきいました。
最近ネット読んだ話では、初期にヨーロッパに渡ったホモ・サピエンスの集団は、ある程度ネアンデルタール人と交配を行い、DNAを含んだ形で東へと渡っていったということです。そして、日本人の源流の一つとなっている縄文人は、その初期の集団として、ネアンデルタール人のDNA比率の高い集団であるそうです。(流行りのフェイクニュースかもしれませんが・・・)

三内丸山遺跡

ホモ・サピエンスとネアンデルタール人が出会った瞬間が、今のような気がするのです。もちろん我々がネアンデルタール人。

ホモ・サピエンスとAI

人間がいなくなることはないでしょう。
人間は、まず本能があり、それを拡張するような形で知性が存在しています。AIは知性だけで、中心となる本能は空洞です。自ら「目標」を見つけることができないのです。
そうなると、「目標」を生み出す役割としての少数の人間。それも、脳だけ。しかもコンピュータとのハイブリッドになっているとか。まるで、縄文人にネアンデルタール人のDNAが含まれているかのよう。
そこに、大量のAI・ロボットが従っていく。そんなような妄想をしてしまいます。
おっそろしい。

以上、全部妄想で書いてみました。

© 2009-2017 Osajiru All Rights Reserved.