読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redmineデータのバックアップ・リストア方法

数ヶ月前に軽〜い気持ちでRedmineを入れてみて、こりゃ便利!ということで使いまくってきました。 で、段々とデータが蓄積されてきて、そのデータの重要性が上がってきたので、そろそろ定期バックアップしないと・・・という状態になったので、やり方を調べてみました。 (自分はMYSQLを使用する形でインストールしたので、そのパターンのみしか調べていません。)

1.設定内容確認

まずは、データベースの設定ファイルを開いて設定内容を確認。 設定ファイルの場所は、[Redmineインストールディレクトリ]/htdocs/config/database.ymlです。 このファイルのproductionセクションが設定値です。データベース名、ユーザ名、パスワードをメモるか、目に焼き付けます。

2.バックアップ

シェル(Windowsの場合はコマンドプロンプト)を立ち上げて、MYSQLインストールディレクトリに移動します。 Redmineで使用しているMYSQLは、[Redmineインストールディレクトリ]/mysql/binにインストールされています。

そして、下記コマンドを実行します。

mysqldump -u[ユーザ名] -p [データベース名] > [バックアップファイル保存先]
# -uと[ユーザ名]の間はスペースなし

パスワードを求められるので、入力すると、バックアップしてくれます。

以上!これだけ。

3.リストア

バックアップと同じように、MYSQLのディレクトリに移動し、下記コマンドを実行します。

mysql -u[ユーザ名] -p [データベース名] < [バックアップファイル保存場所]

パスワードを入力すると、リストアしてくれます、 これだけ。

自分の環境でしか試していないので、もしかしたら不足があるかもです。

© 2009-2017 Osajiru All Rights Reserved.