シゴトランスのススメ

古代の人々は、超自然的な存在を信じ、神を見るために、延々と反復するリズムの中を踊った。 やがて意識が朦朧とし、トランス状態に達した。そして宇宙と一体化したり神を見たりして、強い至福感を得た。

現代に生きる我々は、ほとんどトランス状態になることはない。大人になれば尚更だ。 だがそれは、すぐ手の届く場所にある。

それが、「シゴトランス」。

儀式は、残業タイムに入った瞬間から始まる。

エクセルに書かれた数字の羅列を睨み、辻褄合わせにテンキーを叩く。 すると別のところが辻褄が合わなくなる。 そこを修正する。 また別のところが合わなくなる。

まるでベトナムのゲリラと戦う米軍の気分だ。 しばらくすると厭戦気分になり、頭の中で反戦運動が始まる。 頭の中でヒッピー達がラブ&ピースを歌い出す。

読みきれないメール。

なぜか22時にかかってくる、お客からの電話。

ウネウネと脈打つ、エクセルの罫線。

気がつくと、自分以外のフロアの明かりは消灯されている。

終電が過ぎた頃、PCのファン音だけが鳴り響く中、一人フロアで神を見る。

それが、「シゴトランス」。

虚空を眺め、宇宙と一体化する。 手は動きを止め、画面に「1」の文字が延々と打たれ続ける。

至福の時間。

この至福の時間を、存分に味合わなくてはいけない。 翌朝の地獄に耐え抜くために。

© 2009-2017 Osajiru All Rights Reserved.